iPhoneアイフォン充電ケーブルが奥まで刺さらない入らない原因対処方法と修理代

iPhone(アイフォン)の充電ケーブル?コネクタ?が奥まで刺さらないという事件が起きまして。

かなり困った事態になったので、同じようにお困りの方のために記事を書こうと思いました。

 

で、具体的にどういった症状かと言いますと、ふと朝起きてiPhone(アイフォン)を充電しようと思ったら「ん?」充電ケーブルが奥まで入らないぞ、、となったわけです。

写真のように2mm程残して、全く奥まで刺さらない、、

少しチカラを込めてもダメでした、、iPhone(アイフォン)の故障か??

そう思ってまぁいろいろと調べてみたわけです。

 

アイフォン充電ケーブルが刺さらないのはホコリが原因??

調べて出てきた原因の第1候補が、充電を差し込む本体側の差込口にホコリや紙きれなどの異物が入っているということでした。

結論から言うと、Yの充電ケーブルが刺さらなくなった原因はiPhone(アイフォン)充電差込口の異物混入でした。

 

おそらく、充電ケーブルが刺さらなくなる原因の90%以上がコレかと思われます。

なので、中に混入している異物さえ取り除くことさえできれば、修理代もいりません。

ですが、ここからが戦いの始まりでした。

 

爪楊枝(つまようじ)で取れるかチャレンジしてみる

一番現実的な方法として、爪楊枝で異物が取れるかチャレンジしてみました。

まぁ、ちょっとしたホコリ的な物は取れたのですが、全く改善されず。

爪楊枝を削ったりなど、悪戦苦闘すること1時間ちょっと、、

 

充電ケーブルを差し込んでみた手応えでは、ホコリじゃないのでは??

という疑問もあり、ここで自分でiPhone(アイフォン)を直すという選択肢はなくなりました。

実際には、これで改善されるケースも多くあるようですが、、

 

Apple(アップル)に問い合わせしてみる

iPhone(アイフォン)が故障かな?と思ったときは必ずApple(アップル)に直接問い合わせをして下さい。

ソフトバンクやらドコモやらに問い合わせしても、Apple(アップル)に問い合わせお願いしますと言われます。

 

検索で探し出すと、間口がいろいろあって混乱するので問い合わせリンク貼っておきます。

Apple(アップル)公式サポートセンター

電話での問い合わせよりチャットがオススメです。

チャットであれば、修理店の住所、電話番号もそのまま文字でもらえますし、スマホを操作しながらも話ができます。

ちなみにアップルのサポートセンターの丁寧さは群を抜いて良いですよ!さすが世界のアップル!!

 

Appleの結論としてはiPhoneの交換

基本的に、iPhone(アイフォン)を認定修理店へ持って行っても新品と交換というのがルールです。

修理という概念がないと思います。たぶん、、

 

まぁ、こちらとしては新品に変わるのであれば、それに越したことはないですし、修理だと代替機がないと困りますし、当然の対応だと思います。

 

iPhone充電ケーブル刺さらない事件の本当の戦い

視認できるようなホコリや異物が見当たらず、これは新品と交換か、、そう思ったときに一つの難題が、、

 

iPhoneバックアップという壁

 

そうです。新品と交換するということは、バックアップが必須になります。

ただし、充電ケーブルが刺さらない、、

ということはPCにバックアップすることは不可能となります。

つまり、現段階ではiCloudバックアップ、つまりネット経由でのバックアップしか選択肢がないわけです。

 

iCloudバックアップの注意点

いつもPCのiTunesにバックアップしていたのですが、今回はiCloudにしかバックアップできません。

おそらくiCloudにバックアップしたことない人は容量不足により、バックアップできない事態になると思います。

その場合は容量の追加購入が必要となります。

 

【iCloud容量の確認方法】

「設定」⇒「iCloud」⇒「容量」にて容量の確認、容量の追加購入が行えます。

ちなみに容量の追加購入金額は50Gで130円でした。

 

iCloudのバックアップは時間がかかる

PCにしかバックアップしたことがないので、ビックリしたのがバックアップにかかる時間です。

バックアップにかかる時間、、3時間、、4時間、、これマジです。

 

なので、iCloudでバックアップを行う前にしておくこと

起動しているアプリをオフにする
位置情報をオフにする
使っていないアプリを削除
いらない写真、動画を削除

これによって、だいぶバックアップスピードを改善することができるようです。

まぁ、それでも2時間程度の覚悟はいりそうですが、、

 

充電ケーブルが刺さらなかったらバックアップできない説

iCloudのバックアップにはかなりの時間がかかることは理解していただけたと思います。

さて、ここからが本題なのですが、そもそも2時間も3時間もバックアップする際は、十分なバッテリー残量がいるわけです。

 

しかし、そもそも充電がないから充電をしようと思ったわけで、、

そして充電ケーブルが刺さらないという事件になったわけです。

 

iCloudにバックアップ開始直後のバッテリー残量23%

バックアップ完了前に充電切れ必須となるわけです。

つまり、バックアップが取れないのに、新品交換という絶対絶命の危機に陥ったのです、、

 

 

iPhone充電ケーブル刺さらないときの対処方法

爪楊枝でほじっても改善されない場合は、まずはバックアップのことを考えましょう。

十分なバッテリー残量がある場合は、バックアップを取って新品交換が一番良い方法です。

 

バックアップを取れない、以前のバックアップからのデータを消すことができない。

そんな人は以下の方法にてデータを消すことなく改善することができます。

 

スマホ修理屋に持っていく

よく街でみかける「スマホ修理屋」もうこれしか選択肢は残っていません。

ただし、スマホ修理屋にiPhone(アイフォン)を持ちこんだ際に注意すべき点があります。

 

部品交換をするとアップルの正規修理サービスが受けれなくなる。

もし部品交換などをしてしまうと、アップルから改造スマホとして認識され、正規の修理サービス等は全く受付けてもらえなくなります。

 

なので、スマホ修理屋さんに確認することは「中身を開けなくてもいいのか?」「部品交換がいるなら修理を断る」この2点が大切です。

 

基本的にiPhone(アイフォン)の充電ケーブルが刺さらなくなる症状は、故障というより異物混入なので、ほとんどの場合が中身を開けずに専用工具で取り除くことができます。

 

異物混入にかかる修理代

スマホ修理屋に持っていってダメなら、データを諦めるしかないと思っていたのですが、難なく異物を取り除くことができました。

 

どうやらプラスチック破片のような物が入っていたそうです。

がっちりかみ合っていたそうで、そりゃ爪楊枝じゃダメなわけです、、

 

そして今回かかった修理代4,800円でした。

作業時間は30分程度。

データが消えてしまうことや、復元作業などの手間を考えると、安い値段だったなと思います。

おそらく急な持ち込みだと、これぐらいが相場ですかね。

 

まとめ

とにもかくにもiPhone(アイフォン)充電ケーブル刺さらない事件は幕を下ろしたわけです。

まず、スマホを使う上で、バックアップは定期的に行うことが必須だと思いました。

 

iCloudだと自動バックアップもできるみたいですね。

まぁ容量分の費用を払うのももったいない話ですが、、

 

周りの人に話をしていると、意外とバックアップをマメに行っている人って少ないですよね。

 

いつ落とすかもわからない、故障するかもわからない物ですからね、、バックアップ大事。

今回の事件は非常に勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です