SIMフリー・格安SIMとは?知らなきゃ損!スマホ革命

こんにちはYです。

 

最近スマホ業界の中で「SIMフリー」「格安SIM」なんて言葉を耳にしますよね。

 

スマホは持っているけどSIMフリーってなに?という方も多いのでは?

実はSIMフリーを知っている知っていないでは、スマホの料金が大きく変わってきます。

 

そんなSIMについて詳しくない方のために情報をまとめてみました。

 

 

SIMフリーとは?

simスマホの中にはSIMと呼ばれる小さいカードが入っています。

このSIMカードと呼ばれるチップの中に電話番号などのキャリアとの契約情報が入っており、各キャリアのLTEや3G電波は、SIMが挿入されていないと使用することはできません。

 

SIMカードは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの各キャリアからスマホ購入時に付属されています。

この各キャリアから提供されている端末というのは契約したキャリアでしか使用できないようにロックがかけられています。

そのため、ドコモで契約したSIMカードをソフトバンクのスマホに差しても使えないのです。

 

SIMフリーとは、まさしくこのロックがかかっていない端末のことを言います。

 

iPhoneで言えば、ドコモや各キャリアから販売されている「SIMロック版iPhone」とアップルストアで購入できる「SIMフリー版iphone」があります。

ちなみにSIMロック版とSIMフリー版の端末に見た目の違いはありません。

 

SIMフリーの端末であれば、ドコモから発売されているスマホでも、ソフトバンクで発売されているスマホでも、SIMカードを差しこむだけで、自由に使用することができます。

 

格安SIMの登場

sim携帯電話事業というのはドコモ・au・ソフトバンクといった大手3社による独占状態が続いており、他社が参入するには非常に高いハードルがありました。

 

日本の携帯料金は世界的に見ても高く、消費者に不利益を与えてしまうと考えた総務省は、大手キャリアに回線を他社へ借すように指示をしました。

 

これにより、通信設備を持たない会社も大手の通信設備を借りることで、携帯電話事業に参入することが可能となりました。

そこで登場したのが格安SIMです。

このように新たに携帯電話事業に参入してきた会社を「MVNO」と言います。

 

格安SIMとは?

MVNOから提供されるSIMカードで、SIMフリーの端末に挿入することで使用することができます。

 

キャリアと契約するときのような2年縛り契約がなく、基本料金もキャリア契約と比べて破格の値段設定となっております。

 

その契約内容は使用するギガ数によって分かれており、5GBプランだとおおよそ月額1500円+通話料という格安料金となります。

 

格安SIMにすればオトク?

mvno料金がそんなに安くなるんだったら、みんな格安SIMにすればいいのに。

そう思うかもしれませんが、もちろん格安SIMにはメリット・デメリットがあります。

 

格安SIMのメリット

料金が安い
2年の契約縛りがない
機種変更の時期を気にする必要がない
番号もそのまま使える
海外でも気軽に使える

大きく挙げるとこの5つでしょう。

 

料金が安いのが最大メリットとなりますが、キャリア契約とは違い2年の契約縛りがないため、解約の際の違約金等は発生しません。

これにより、機種変更も自分の好きな時期にできるのも大きなメリットとなります。

 

もちろん番号はそのまま使用できますし、海外ではSIMを入れ替えるだけで通信料を気にすることなく利用できます。

 

格安SIMのデメリット

無料通話プランがない
通信量に制限がある
キャリアメールが使えない(@docomo.ne.jpなど)
キャリアによるサポートがない
通信速度が安定しない
端末購入料金は一括払い
SIMフリー端末を用意しないといけない
LINEのID検索ができない
新規取得番号は「070」になる

良さそうに思えるSIMフリーですが、以上のようなデメリットがあります。

 

SIMフリーの端末を用意することは前提として、その端末購入代金はキャリアのような分割払いがありません。

もちろんキャリアによるサポートや、キャリアメールは使用できません。

 

キャリアメールに関してはGmailのようなフリーメールで対応できるので、そんなに不便に感じることはないでしょう。

いくつかピックアップしてデメリットを検証していきましょう。

 

無料通話プランがない

各キャリアには通話料が定額制の無料通話プランがあります。

おそらくキャリアで契約している人は、ほとんどが無料通話プランに入っているのではないでしょうか。

 

キャリアが提供する無料通話プランは24時間国内宛の通話が月額2700円で定額となります。

 

MVNOが提供する格安SIMには無料通話プランというものがありません。

つまり、通話すれば通話する程、月額料金が高くなってしまいます。

 

ざっくり計算してみると。

ソフトバンクで5GBプランを契約した場合月額料金は8,000円となります。

格安SIMが5GB月額1,500円とすると、単純計算で通話料金を6,500円以内に収めれば格安SIMの方がトクということです。

 

格安SIMの場合、通話料は30秒で20円となります。

つまり、月の通話時間が162分30秒に収まるのであれば格安SIMに軍配です。

1日の通話時間で考えると5分程度ですね。

 

アプリで無料通話

格安SIMを使用する際は、通話料が一番のネックになります。

なので、LINEなどの無料通話アプリは必須と言えるでしょう。

 

SIMフリーの通話料対策として「楽天でんわ」もあります。

これは通話料が半額になるというサービスですが、LINEも楽天でんわも、自身の番号が通知されないということが難点で、格安SIMはビジネスで通話を使う人には不向きと言えそうです。

 

また、無料通話アプリはインターネット経由で通話を行うため、通話の品質が安定しないというデメリットも見逃せません。

 

通信速度が安定しない

通話料に続いてネックとなるのがキャリアに比べて通信速度が遅くなる場合があるということです。

 

基本的にはキャリアから回線を借りているので、キャリアと同じ通信速度を表記しているMVNOが多いのですが、これは大きな間違いで、実際は使用時間や使用場所によって通信速度が低下することがあります。

 

各MVNOはキャリアから最大通信量が定められており、近くに格安SIMを利用するユーザーが複数いれば、回線を取り合うカタチとなるので、通信速度が低下するという仕組みです。

 

MVNOによって最大通信量は違うので、MVNOによっても通信速度に違いが出てきます。

インターネット回線のマンションタイプのようなカラクリですね。

 

ただ、これも使用状況によってはキャリアより速度が出る場合もあれば、WEBページを開くのにストレスを感じる程遅くなる場合もあるため、一概に良し悪しは決められません。

モバイルWi-Fiなどで安定させるのが一番堅実な方法と言えそうです。

 

LINEのID検索ができない

実は、Yが格安SIMに変更しない理由の一番がコレです。

LINEのID検索機能を利用するには年齢確認というステップが必要です。

 

キャリア契約であれば、各キャリア店舗にて身分証明書の提示があるのでクリアできるわけですが、MVNOには年齢確認できる手法がないため、自然とLINEのID検索機能は使えなくなるということです。

 

格安SIMで使えなくなるLINEのID機能

・自分のIDを相手に教えても相手には検索表示されない

・相手のIDを聞いても検索表示されない(スマホのみ)

 

つまりどういうことかと言うと、近くにいる人であればQRコードで読み取って友達追加するのが主流となっています。

ですが、遠くにいる人と繋がるには基本的にはID検索という機能を使用するわけです。

 

よって、格安SIMを利用した場合、出会い系アプリなどや交流アプリなどでのLINE交換に大きな障害をもたらすことになります。

 

キャリア契約SIMのメリットは?

キャリア契約SIMのメリットは、格安SIMのデメリットの正反対と言えますが、まとめてみました。

端末代が分割払い、もしくは実質無料になる
通話料を気にしなくても良い
キャリアメールが使用できる
キャリアサポートがある
通信速度が安定している

キャリアで契約する際は、機種によっては実質無料になる端末機種もあります。

もちろん2年縛りというデメリットはありますが、まとめて大きな支払いをしなくていいのは、学生や新社会人には嬉しいサービスです。

 

キャリアメールが使用できるのも、フリーメール登録不可などのサイトなどでは役に立ますし、スマホの操作などでわからないことがあればキャリアサポートである程度は解決できます。

 

通話料はカケホーダイプランであれば気になりませんし、通信速度も安定しています。

このことから、格安SIMの最大メリットはやはり「月額料金」ということになりそうです。

 

SIMフリーの端末はどこで買うの?

ginzaよーし!私も明日から格安SIMでスマホ代を安くしよう!

そう思っても、格安SIMを使用するためにはSIMフリー端末が必要です。

 

iPhoneであればアップルストアなどで購入可能です。

しかし、機種変更のタイミングで新しくスマホを購入する予定の人は良いですが、余計にスマホ購入代がいるのであれば、ちょっと手が出しにくい人もいるはず。

 

その辺りもまとめてみたので、ご紹介しておきます。

 

新しくスマホを購入する必要はない?

格安SIMは大手キャリアの回線を借りていると言いましたが、実はそのキャリアというのがドコモ回線とau回線なのです。

 

これにより、SIMフリー端末を用意しなくても、そのまま差し込むだけで利用できる格安SIMというのが存在します。

つまり、あなたのお使いの端末がドコモ・auであれば、そのまま差し替えるだけでスマホ料金を安くすることができるわけです。

 

ドコモ端末で使える格安SIM
DMMモバイル・mineo・ⅡJmio・OCN・楽天モバイル・DTI・エキサイトモバイル・BIG LOBE・FREETEL・Uーmobileなど
au端末で使える格安SIM
mineo・UQmobile・Fiimo・J:com

MVNOが利用する回線の多くはドコモ回線を使用しているため、ドコモ端末の方が利用できるSIMも多くなります。

 

もちろん格安SIMは上記以外にも多数存在します。

じゃあ、その格安SIMは端末を新しく購入しないとダメなの?と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

 

SIMロック解除

SIMフリー化が進むにつれて、実は最近のスマホにはSIMロック解除という機能が存在します。

ソフトバンク端末、ドコモ端末であれば、2015年5月以降に発売された端末であれば、ほとんどの端末にSIMロック解除機能が搭載されています。

 

この機能が搭載されていれば、無料でSIMフリー端末へと変身させることができます。

※一度ロック解除した端末に再度ロックをかけることはできません。

 

auであれば端末別の診断サイトもあります。

 

つまり、格安SIM用の端末を再度購入する必要はないということです。

 

格安SIMにするべきなのか?

sumahoiziruSIMフリー端末、格安SIMについては、ある程度理解していただけたと思います。

 

で、結局格安SIMにするべきなのか?という結論なのですが、これは個人のスマホの使い方によるという答えになってくると思います。

 

もちろんYのようにLINEのID検索機能が使えないだけで、格安SIMにしないという選択肢もありますし、多少のデメリットよりも料金を優先するという選択肢もあります。

 

格安SIM利用者に、格安SIMの満足度調査をしたところ62.7%の人が満足していると答えているそうです。

 

ちなみに格安SIMを番号そのままで使用する場合、キャリアから「MNP予約番号」というのを取得する必要があります。

このときにキャリアから格安SIMのデメリットを伝えられ、なんとか留まってもらおうと引き止めにかかってきますので、強い心で挑みましょう。

 

格安SIMに変更する際の注意

格安SIMに変更する手順は以下のとおりです。

①SIMフリー端末を用意する

②MNP予約番号を取得

③MVNOと契約

④SIMカードが届く

⑤設定を行う

この5つの手順にてスマホを格安SIMへと変更するのですが、ナンバーポータビリティの転入手続きをすると、その間スマホが使用できなくなります。

つまりMVNOからSIMカードが届くまでの1日~2日の間はスマホ無しの生活を送ることになります。

 

MVNOによっては、自身でMNP転入切替ができる場合もあるので、格安SIMを選ぶ際はこの辺もポイントとなってきます。

 

各MVNOのおすすめ格安SIMについては別記事にてご紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です