LINE格安スマホ始動!LINEがワンコインで使い放題!その全貌を紹介

格安スマホ業界にLINEが遂に参入してきました。

 

その名もLINEモバイル

今や誰もがLINEアプリを使用していますから、そのサービスとLINEとの連携にかなり注目を集めています。

 

間違いなく格安SIM市場に旋風を巻き起こすことは必至ですが、具体的にその内容をご紹介していきます。

 

 

LINEモバイル詳細

sumahoiziruLINEモバイルの格安SIMは月額500円~となっており、これは格安SIM市場の最安値水準値となります。

 

しかし、価格だけであれば他のMVNOより劣るので、着目するべきなのはLINEが行うサービス内容となってきます。

格安SIM、MVNOについてはこちらの記事をご覧ください

 

LINEモバイル月額500円の格安SIM

格安SIMには大きくわけて2種類あるのはご存じでしょうか。

「データ通信専用SIM」と「音声通話付きSIM」の2種類です。

 

この2つの違いは、090や080などの電話ができるかどうかという違いがあります。

もちろん今お使いのスマホから格安SIMに乗り換える際は電話機能も必要かと思うので、音声通話付きSIMを選択するわけです。

 

データ通信専用SIMは音声通話付きSIMよりも価格が安く、LINEモバイルの月額500円~の「500円SIM」は、データ通信専用のSIMということになります。

 

LINEモバイルは安いのか?

LINEモバイルは安いのか?

ということになりますと、格安SIM業界では飛びぬけて安いということにはなりません。

 

LINEモバイルは月額500円~という格安SIM業界の最安値水準の価格設定となっておりますが、同じく最安値水準宣言をしているDMM mobileと料金比較をしてみましょう。

 

DMM mobileデータ通信専用料金

ライト 440円
1GB 480円
3GB 850円
5GB 1,210円
8GB 1,980円

 

DMM mobile音声通話付きSIM料金

ライト 1,140円
1GB 1,260円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
8GB 2,680円

DMM mobileは業界最安値水準宣言をしているだけあって、その料金はLINEモバイルの月額500円よりも60円も安い価格となっています。

 

価格だけでいえば、LINEモバイルは特別安いというわけではないので、その他のサービスでどれだけ他社と差別化ができるかがLINEモバイル選択の一手となりそうです。

 

LINEモバイルはSIMのデメリットを改善できるのか?

mvnoLINEモバイルがいくつかの格安SIMのデメリットを改善することができれば、他社との差をかなり広げることができそうです。

以下に格安SIMの大きなデメリットを挙げてみましょう。

 

格安SIMデメリット

通話料が高い
通信速度が遅い
通信制限がある
LINEのID検索ができない
キャリアによるサポートがない

 

通話料が高い

格安SIMは月額料金がキャリア契約の半額以下にできるわけですが、カケ放題定額のようなプランがないため、通話料がそのまま料金に上乗せされてしまいます。

 

通話料金30秒20円という高い通話料をいかに安くできるかどうかが、格安SIMを安くするポイントとなっていきます。

 

LINEには元々無料通話機能が付いているため、通話料節約として利用されることも多いです。

しかし、アプリ経由の無料通話は、インターネット回線を使用しているので、通話品質が悪く、自身の電話番号が相手に表示されないというデメリットがありました。

 

楽天でんわなどの通話料半額アプリもありますが、LINEモバイルもこの大きな課題について何かしらのサービスを開始するのでは?と思われます。

 

通信速度が遅い

格安SIMが通信速度が遅いと言われる由縁は、格安SIMを提供しているMVNOは、ドコモかauに回線を間借りしているため、最大通信容量というのを決められています。

 

つまり、同じバスに1人乗るのと、20人乗るのでは速度の出方に違いがでるように、同じ回線をたくさんの人が使うと通信速度はどうしても遅くなってしまいます。

 

LINEモバイルはドコモ回線を使用するようですが、ほとんどのMVNOはドコモ回線を利用しています。

 

しかし、格安SIM業界で最速と言われるUQ-mobileは、au回線を利用しているため、通信速度に関しては可もなく、不可もなくというところに落ち着きそうです。

 

通信制限がある

格安SIMの通信制限はキャリア契約よりもかなり厳しいと言えます。

ソフトバンクは3日間で3GB以上の使用で速度制限がかかるのに対して、格安SIM業界では3日間で366MBの使用で低速化するのが基準値となっています。

 

3GBや5GBなどの月額使用量ばかりに気をとられがちですが、この3日間の制約は、今のスマホヘビーユーザー時代には、かなり厳しい容量だと思います。

 

中には直近の通信制限なしのMVNOもあります。

通信制限に寛大なMVNOとして、mineo(マイネオ)は直近の通信制限は無制限ですし、業界最速のUQ-mobileは3日間で3GBと、キャリアと同等の通信制限となっております。

 

これにどういった対策をLINEモバイルは行うのでしょう。

 

LINEモバイルはLINE使い放題

LINEモバイルはスマホユーザーが1日に何度も使用するであろう「LINE」「Facebook」「Twitter」のアプリに関しては通信容量としてカウントされないとしています。

 

つまり、3日間の使用に関しても、月の使用に関しても、この3つのアプリであればカウントされないということなので、他社のMVNOよりも通信量を気にせず利用できるのは明白です。

 

また、低速化した後も、この3つのアプリに関しては低速化対象外とされています。

Yも1日のアプリの8割はLINEなので、これは大きいと思います。

 

FREETELというMVNOも、実は先行してLINEの通信料無料のサービスをおこなっていますが、そこに更にFacebook、Twitterを付加させたことで、通信制限の中ではLINEモバイルが抜きんでたカタチになりました。

 

LINEゲームなどとも連携すれば、更にその需要は高まりそうです。

 

LINEのID検索ができない

格安SIMというのは年齢認証の都合上、LINEのID検索機能が使えないという大きなデメリットがありました。

実はこれが理由で格安SIMに乗り換えない人は少なくないのです。

 

出会い系アプリや、交流アプリが大人気の今、LINEのID検索機能が使えないということは、かなり大きなハードルになってしまいます。

 

LINEモバイルは、自社の強みでLINEのID検索が使えるようになりました。

これにより、デメリットの一つが完全になくなるわけですから、LINEモバイルは格安SIM業界に激震をもたらしたとも言えるでしょう。

 

キャリアによるサポートがない

MVNOはドコモやソフトバンクのように店舗もなく、そのサポート体制がキャリアに比べて劣ると言われていました。

 

各MVNOはコールセンター、チャットなどのサポート体制を構えていますが、LINEモバイルはどうやらLINEメッセージでのサポート体制を組み込むようです。

 

LINEメッセージでのサポートであれば、電話やチャットよりも手軽に行えるため、ユーザーは利用しやすく、かなり差別化できるのではないかと思います。

 

LINEポイントで大きな一手をかける

楽天モバイルなら楽天ポイントが貯まるということが他社にない差別化ポイントとなっています。

こういった独自のサービスは、格安SIM選びの大きな要因となるため、各社はあらゆるサービスで自社へ呼び込もうとしています。

 

LINEモバイルはLINEポイントとの連携を明らかにしています。

LINEポイントは、LINEを使用している人であれば、全てのユーザーが保有できるので、ツタヤのT-POINTに匹敵するポイント保有率になると予想されます。

 

LINEポイントの使用方法としては、LINEスタンプやLINE着せ替えなどの大型市場と思われるので、このサービスにはかなり期待が高まります。

 

LINEモバイル評価まとめ

LINEモバイルは堂々と格安SIM業界に名乗りを挙げただけのサービス・戦略がありそうです。

 

月額料金としては最安値とはいかなくても、デメリットの改善や、その独自のポイントサービスなどは若年層のユーザーにはかなり大きな影響があるのではないでしょうか。

 

格安SIMの通信速度は、時期や状況によって速くなったり、遅くなったりなど、1年を通しても不安定な部分がありますが、LINEモバイル開始直後の通信速度がユーザーを囲い込めるかの勝負所になりそうです。

 

個人的な見解としては、LINEのID検索機能が使えるようになったというだけで、格安SIMの選択の幅は広がったように思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です