*

【彼女が欲しい男必見】データで見る女性の心理

      2016/07/08

zyoseitatiaruku

 

こんにちはYです。

「彼女がほしい」と思う人が、なぜ彼女ができないのか?と訪ねると?

出会いがない

という意見が多くあがりました。

果たしてそうなのでしょうか?

SNSやスマホが広がったことにより、一昔前よりも「出会い」の幅は広がったはずなのですが、消去的な男性からすると、なかなか自分から「行動」を起こせないという人は多いようですね。

 

たしかに草食系男子からすれば、合コンやパーティーの入口がどれだけ広がったとしても、積極的に行動を起こせないのでは、意味のないことなのかもしれません。

では、より「待ち」で「口説きやすくて」彼女ができやすい方法があるのか調べてみました。

 

 

彼女がほしい!でも口説けない草食男子

恋愛は行動しなければ始まりませんが、

女性を上手く口説けないことで、恋愛に発展できなかったパターンはよくあります。

 

モテないくんからすれば、クラブでナンパしたり、居酒屋で声をかけたり、かなり勇気のいることですよね。

たしかに声をかければ、その女性と恋愛できる確率は0%ではなくなります。

分かってはいるけど、行動できない人の方が多いわけです。

 

そんな消極的な草食男子くん達に一筋の光を与える女性データがあります。

より簡単に、消極的でも恋愛に近づける2パターンをご紹介します。

 

逆ナン

wakamonohanasiai「逆ナン」ってどれぐらいの女性がするのでしょうか。

ナンパ=男性というイメージですが、女性だって一度しかない出会いを大切にしたいはずです。

 

逆ナンをされるということは?

もうすでに相手があなたに興味を抱いているということなので、

草食男子であっても、口説きやすい対象となりますよね。

コツコツと考えるLINEのやり取りや、

食事を誘うまでの雰囲気づくりの段階をかなりショートカットできます。

 

その気になる統計結果は

【逆ナンをしたことがある?】

20代女性で逆ナンをしたことがある 11人/100人中

30代女性で逆ナンをしたことがある 20人/100人中

というようになりました。※街頭アンケート&ネット調査の某番組調べです。

 

これはY的にはかなり多い結果だと思います。

30代では10人に2人が逆ナンをしたことがあるということなので、これはチャンスがありそうです。

 

そして、気になるのはどういうシチュエーションで「逆ナン」をしたかというところですよね。

ダントツで多い意見が

「店員がカッコ良いからアドレスを渡した。」ということでした。

たしかに居酒屋でただ近くで飲んでいるだけの女性に声をかけるよりも、店員さんに声をかけるほうがハードルが低い気がします。

 

そういった部分では男性も女性も心理は同じということでしょうか。

さらに、こんなデータも出ていました。

 

【逆ナンからデートまでの成功率】

30人/31人

なんと驚異の成功率97%

やはり男性は女性にアタックされると弱いということがわかります。

しかも、逆ナンされれば、ほぼ100%の確率でデートまではできるということになります。

このデータを見れば、もっと積極的になる女性が多くなるかもしれませんね。

 

こちらの記事も参考にどうぞ>>馴染みの店をつくって出会いをつくる方法

 

友達の彼女を狙ってみる

wakamonoonbuタイトルだけ見ると、かなり姑息な男のような話になってしまいますが、

全くイチから相手を探すよりも、身近にいる人の方が口説ける成功率は上がる場合もあります。

それに、友達がカワイイ彼女を連れていたら、

やっぱりカワイイと思いますし、あんな彼女がほしいって思いますよね。

では、そんな姑息な男がどれぐらいいるのか統計を見てみましょう。

 

【彼氏の友達から告白されたことがある】

20代女性で告白された経験がある 46人/100人

30代女性で告白された経験がある 31人/100人

 

どうでしょう。統計結果では、20代男性の方がしたたかだということがわかりました。

2人に1人が友達の彼女を狙っているというなんとも恐い結果です。

30代が20代より少ないのは、もしかしたら社会的な付き合いを考えての大人の発想なのかもしれません。

そして気になるのが、その告白が成功したのか?というところだと思います。

 

【彼氏の友達から告白されて付き合った】

17人/77人

 

ということは、成功率22%!!

この数字はちょっとビックリでした。

こうなってくると、男性よりも女性の方が恐いです。

 

もちろん、やみくもに友達の彼女に告白すれば良いというわけではありませんが、

Yが予想するに、彼氏の悩み相談であったり、3人で出かけたりなど、

気の許せる、自分の弱みを見せれるという意識から、

「一緒にいて落ち着く」「私のことを理解してくれる」「頼りがいがある」

という意識へと徐々に変化していったパターンが多いのではと思います。

 

彼氏の相談ということであれば、2人で飲みに行くことも容易ですし、

彼氏と別れようと思っているような悩みに背中を押すことだってできちゃいます。

ですが、結果的には見ず知らずの人をいちから出会って、口説いて、ということを考えると、

結構、魅力的な確率なような気もしますね。

 

もちろんそのあとの友情関係のケアも大切ですよ!

略奪愛は強くはお勧めできませんが、

彼女をつくるという目的だけを考えるのであれば、かなりの近道になるのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?データで見てみると意外な女性の心理がわかるものです。

 

出会いがない」と思う人に限って「出会う努力」をしていないことがほとんどです。

世の中にはたくさん「出会いの場」というのが増えているにもかかわらず、

行動を起こさなければ恋人をつくることはできません。

 

統計を見れば、接客のお仕事をされている人は「逆ナン」のチャンスがあるということです!

もちろん待っているだけではダメだと思います。

きっちりと髪型をセットしたりして、意識をすることから始めましょう。

毎日のことだから、仕事だからと手を抜かないことが大切なんじゃないでしょうか?

 

今回は消極的なモテない男に向けての「希望」の記事を書きましたが、

どこまでいっても恋愛は行動です!以下の記事も参考にしてください。

>>友達から恋人になる方法【きっかけとステップ】

>>草食系男子はやっぱりモテないのか

 - メソッド【出会い編】