【恋愛とお金】世の中お金?お金がないと男はモテないのか

 

こんにちはYです。

今日は恋愛とお金の話をしようと思います。

 

よくモテる男性のイメージとして「お金持ち」というキーワードが出てきます。

 

日本人の平均年収は下がる一方で、その傍ら稼いでいる男性がいるのも事実です。

 

特にインターネット普及後は、若手のお金持ちが数多く存在します。

そんな隠れたお金持ちは、やはり女性に困ることのないような生活を送っているのでしょうか?

 

もちろん恋愛の最終地点である「結婚」を考えるのであれば「経済力」というのは切っても切れない関係になってきます。

 

今日は恋愛にまつわるお金について、データを元にご紹介したいと思います。

 

 

恋愛とお金

nayamukappuru「結婚」とまではいかなくても、実際に恋愛をするには必要最低限のお金が必要なのは事実です。

 

デート代であったり、プレゼント代であったり、全てが割り勘だとしても、普段の生活から出費がプラスされることは間違いありません。

 

ましてや、女性の分も支払うとなると、その出費はさらに倍近くになるわけです。

 

お金がないから彼女をつくらないという時代

現代の20代男性の約半数以上が「彼女ができたことがない」という事実を知っていましたか?

kousaikeiken特にここ数年では交際経験のない男性が急増しています。

 

そんな男性達の中でも「彼女諦め男子」という人が増えているそうです。

 

<彼女諦め男子とは>

言葉のとおり、自分には彼女ができないと諦めてしまった草食男子の究極形態

 

彼女諦め男子の詳しい記事はこちら

彼女諦め男子よ!モテないとあきらめるのはまだ早い!

 

そんな彼女諦め男子にその理由を聞いてみたところ、堂々の1位に輝いたのが「収入が低く金銭的余裕がないから」という回答でした。

 

つまり今の時代は、お金がないから彼女をつくらないという時代になってしまったのです。

 

お金がないは、モテない言い訳にならない

お金がないというのはモテない言い訳にはなりません。

 

お金のない大学生だって恋愛はしていますし、社会人の中でも苦しい生活の中、恋愛をしている人はたくさんいます。

 

なによりも、女性が恋人に求める条件の第5位として「金銭感覚の一致」がランクインしています。

つまり「お金持ち」じゃなくても良いということです。

 

「彼女ができたらお金がかかるから」という意見もあるようですが、逆に彼女がいないことでの出費もあるのでは?と思います。

 

リア充できないがために、よけいな物を購入したり、それこそ夜のお店にお金を使ったり。

人はあらゆる「欲」のためにお金を使います。思い当たる節もあるのでは?

 

女性の金銭感覚

moderu男性の方がお金を稼ぐという時代は終わりを告げようとしています。

 

今では女性でも高収入の人は数多く存在し、夜のお仕事への抵抗感や偏見がなくなり、若くして大金を稼ぐ女性が増えているようですね。

 

Yが一番驚いたのが全国女性高校生に「将来なりたい職業ランキング」をリサーチしたところ、その中に「キャバクラ嬢・ホステス」がランクインしていることです。

 

ブランド物を身につけ、高級シャンパンを飲み、なにかと華やかなイメージのある夜の世界ですが、そういった世界に足を踏み入れたら金銭感覚がズレてくるのではと思いますよね。

 

最近ではガールズバーやスナックなども増え、夜のお仕事への抵抗感をよりいっそう低下させている気もしますが、世の中の女性は本当に金銭感覚がズレてきているのでしょうか?

 

男で重要なのは金?

nayamudannsei男で重要なのはお金なのかアンケート

20代女性 41%がお金と回答
30代女性 43%がお金と回答

女性の半分以上が「重要なのはお金ではない」という結果が出ています。

 

この結果を多いととるか、少ないととるかで意見は分かれますが、やはり大切なのは「金銭感覚の一致」ではないでしょうか。

 

女性が求める年収

kappurute20代後半ともなれば、交際する相手の年収を気にする女性が増えてくるのも事実。

やはりこれぐらいの年齢からは「結婚」を意識した交際が始まります。

 

では、世の中の独身女性は結婚相手にどれぐらいの年収を求めているのでしょうか。

 

20代~30代女性にアンケートを取ったところ、

ズバリ409万円という結果がでました。

 

20代~30代男性の平均年収が397万円なので、ほぼ一致するという結果になりました。

 

玉の輿はただの夢物語

ie女性の憧れでもある「玉の輿」

つまりリッチな男性と結婚をするということなのです。

 

最近ではSNS出会い系やお見合いパーティーなどでも「年収」の欄があるので、より簡単に高収入の男性を見つけることがたやすくなっています。

 

ですが、玉の輿に乗るはずだった女性が理想の年収の相手と出会い「こんなはずじゃなかった」と別れてしまうケースはかなり多いそうです。

 

別れる原因①:金銭感覚が違う

玉の輿というぐらいなので、もちろん女性の方が収入は低いはずです。

もしかしたら、玉の輿に憧れるぐらいなので、平均よりも低い可能性もあるわけですよね。

 

そもそもそんな人が、リッチな金持ち男性と金銭感覚が合うはずもないです。

 

高級ブランドバックや高級腕時計、高級外車に乗ってデート。

それに見合う女性になるには、自分自身の格上げも必要だということですね。

 

別れる原因②:デートに気を使う

リッチな男性のデートコースと言えば、ガヤガヤした居酒屋デートなどではなく、やはり高級ホテルのレストランなどがメインとなってくるでしょう。

 

そういったレストランはドレスコードのお店も多いですし、マナーなどにも気を使う必要があります。

慣れていない人からすれば、さぞ窮屈なことでしょう。

 

①に理由に似ていますが、やはりこういったデートが当たり前のようにできるのは、平均倍以上の金銭感覚を持った人だけだと思います。

 

別れる原因③:親のチェックが厳しい

リッチな男性というのは両親のチェックが厳しいようです。

 

出身大学や、親の仕事、両親が健在なのか、気が利くのか、この家にふさわしい女性なのか。

お互いの「好き」という気持ちだけでは乗り越えられないハードルが玉の輿婚には存在するようです。

 

もちろん、リッチな勝ち組に入門するわけですから、これぐらいのハードルは乗り越えなければダメだということでしょうね。

 

あなたの周りで玉の輿を狙っている女性がいるのであれば、この現実をドカンとぶつけてやりましょう。

 

 

お金がなくても許せるのはどんな理由?

kappurukaidanYが実際に恋愛相談などを受けたり、いろいろな女性と話をしていると、誰かしら一人は自分より収入の低い貧乏彼氏と交際経験があったりするものです。

 

そしてそのどれもが、交際前から彼氏が貧乏だということを知っていたと言うのです。

 

つまり、自分より収入が低いわけですから「金銭感覚が一致しない」ということを分かったうえで交際スタートしているということですよね。

 

そんな前途多難な道を選んだ女性達は、いったい彼氏の「貧乏」をなぜ受け入れることができたのでしょうか。

 

将来性が見える

今は「貧乏」という割り切った感覚で交際をするというパターンですね。

 

特に学生や、何か目標があって、致し方ないと判断されるケースもあるようです。

 

お笑い芸人なんかもこれらのジャンルに入ると思うのですが、そう考えると芸人の彼女や奥さんって凄いですよね。

 

努力が見える

別に好きで「貧乏」やってるわけじゃないというパターンです。

 

仕事も頑張ってるし、努力もしている。

そんな姿が見えている男性に対しては、女性も寛大な心で受け入れてくれるようです。

 

男女平等の価値観がある

「俺が稼いでる!」「俺がメシを食わせてる!」

そういった上から目線な考え方が一切ない「男女平等」の価値観を持っているのであれば、年収が低くても、女性は気持ちよく交際できるそうです。

 

たしかに高収入の人は「稼いでいる」という意識が強くなりがちなので、女性はこういった平等の価値観を重視することもあるということですね。

 

素直に尊敬してくれる

自分より社会的地位が上の彼女に対して、素直に褒めてくれたり、尊敬してくれる男性は、心の器が広いとして、恋愛対象へとランクインすることができるようです。

 

逆に、自分の収入が低いのを卑屈に、彼女に対して疎ましい目線しか送れない男性は相手にされないということですね。

 

恋愛とお金まとめ

いかがでしたか。

恋愛とお金というのは関係性を切り離すことはできませんが、お金がないからといって「モテない」というわけではないようですね。

 

むしろ「お金がない」ということが「自信がない」に繋がるからモテないのではないでしょうか?

 

逆に「男性にお金があると不安だ」という女性も少なくないそうです。

もう一度自信を持って、自分という人間をアピールしてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です