熊野花火大会2017渋滞は確実!駐車場はお早めに!日程・開催情報

Yが毎年必ず見に行く花火、、それが熊野花火大会です。

熊野花火大会2017も、もちろん見に行きますよ!!

 

Yは、2017で熊野花火大会は8回目となります。

それにちなんだ、熊野花火大会の渋滞回避方法、駐車場の確保、、

この辺りの情報も紹介していきたいと思います。

 

熊野花火大会2017

熊野花火大会は、花火師の中でもかなり人気のある花火です。

というのも、他にはない「鬼ヶ城大仕掛け」という目玉花火があること。

 

これを初めて見た人は、おそらく地元の小さい花火大会なんて見なくてもいい!!

そう思えるぐらいの圧巻の花火です!!

 

熊野花火大会2017の開催日時は?

開催場所は三重県熊野市木本町~七里御浜海岸

いつも「七里御浜海岸」でナビを合わせれば到着します。

 

開催日時

8月17日(木)19:10~21:30<荒天延期>

熊野花火大会は、毎年曜日に関係なく17日と決まっています。

今年は木曜日ということもあって、土日よりはかなり空いていると思います。

 

延期については、協会HPから、当日AM6:00に開催の有無のガイダンスが聞けます。

なので、天気が心配なときは、必ずガイダンス確認をしてから出発しましょう。

 

熊野花火大会2017渋滞回避方法

実は、毎年のように花火大会の会場に辿り着かない人が続出しています。

PM16:00~は車は完全にストップ状態になるのが熊野花火大会です。

 

つまり、渋滞回避する方法は、早く会場に辿り着く!!これしかありません!!

 

余裕を持って到着しても結構遊べる

熊野花火大会が開催される海岸から徒歩10分ぐらいの場所にビーチがあります。

Yは大阪から7時ぐらいには出て、昼ぐらいにビーチに到着する感じです。

 

海と隣接して浅い川も真横にあるので、BBQしたり、海で泳いだり、、

そんなことをして花火の時間まで遊んでいます。

 

川は小さい子供がたくさん遊んでいるので安心ですよ。

BBQの用意がなくても「海の家」があるので、食べ物、飲み物に困ることはありません。

 

ゴザや椅子、、パラソルなど、その辺りの小さい設備があれば問題なく時間をつぶせます。

 

 

熊野花火大会2017駐車場確保する方法

会場から近いところであれば、大型ホテルがあるのですが、ビーチからはかなり遠くなるのでオススメしません。

ビーチの近くに行くと、民間の人達が空スペースを駐車場として貸し出ししているので、そこを利用しましょう。

 

駐車場の金額は少し割高ですが、、5000円~だったはず。

ほとんどのところが、駐車場を利用すれば、シャワーを無料で利用できます。

 

民間駐車場利用時の注意点

これをミスると、全く車を動かせない状態になってしまいます。

それは、、駐車する場所です!!

 

民間駐車場は、ツメツメで車を停めていくため、前の車が出てくれないと、自分の車が動かせない、、

だいたい1時間ぐらい待ちましたね、、そんな事態に陥った経験があります。

 

その経験をしてからは、受付のおじさんに「花火終了直後に車を出さないといけない」という旨を伝えるようにしました。

そうすると、良い具合な場所に停めさせてくれます。これ、大事です!!

 

熊野花火大会2017穴場は?

ゆっくり確実に花火を楽しみたいのなら、有料席を購入するのが確実です。

熊野花火大会は大まかに言うと、3ブロックに分かれています。

 

海岸に向かって、左、中、右と、別々の花火が上がります。

演目によっては、左側からは一切花火が上がらないこともあります。

 

なので、平均で言うと「中」辺りの場所を確保したいところですが、、大きな間違いです。

熊野花火大会の目玉である「鬼ヶ城大仕掛け」は「左」から発射されます。

 

これを見に行くようなものですから、必ず「左」を確保しましょう!!

 

まとめ

熊野花火大会の良いところは、日付の関係上、全国のほとんどの花火が終わってから開催されるというところ。

いつも夏のシメとして、熊野花火大会を楽しませていただいています。

 

チビッコ達もゾロゾロと連れて行きますが、来年も行きたい!と言ってくれるはずです。

帰り道は、子供たちも疲れ果ててお眠りモードです。

 

注意点としては、山道が多いので、車酔いしやすい人は「酔い止め」必須です。

後は迷子ですね、、これだけは注意してくださいね。

 

大阪からだと、少し距離もありますが、それ以上の収穫はお約束できますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です