【KOF’98UMOL】創世パーティーの最強は?創世虎の強さを検証

KOF’98UMOLの攻略ページです。

今回は、創世パーティーをご紹介していくのですが、その中でも「創世虎」と呼ばれるパーティーについて掘っていきたいと思います。

 

創世虎パーティーとは「イグニス+虎闘志2人以上」の編成を指すパーティーです。

闘志についての記事はコチラ

基本的には、イグニス+虎闘志を3人~4人、その中に亀が混ざっているのが一般的な編成です。

創世虎おすすめパーティー

 

虎闘志には、クリティカル率であったり、攻撃アップのスキルを持つ格闘家が多いため、創世虎パーティーは「攻撃」にやや偏り気味の編成となります。

 

闘志の特徴として、主に攻撃時、格闘家死亡時に怒りが回復します。

必殺技を撃つまでのターン数は2~3ターンといったところです。

無課金に優しい創世虎+炎パーティー

ネスツ京、もしくは柴舟のパッシブスキル「炎系必殺技を強化」を利用した編成。

ネスツ京と柴舟のパッシブスキルは重複しないため、ネスツ京のポジションを柴舟に変えることで、無課金にも優しい編成となります。

 

現状、創世虎の中では最も多い編成となります。

人気の秘密はネスツ京の強さにあります。

ネスツ京は、敵の炎系の攻撃に強く、炎系が多い現状のパーティー編成では、無類の強さを発揮します。

クーラ&K’コンビの創世虎

K’は炎系格闘家ですが、クーラとの相性が抜群です。

なので、K’とクーラをセットで使用する人が多いですね。

 

クーラの屈強な壁を盾にして、K’でトドメを刺していくようなカウンター編成です。

攻撃力はさることながら、K’の必殺回数とクリティカル発生が要のパーティーなので、炎パよりは、やや安定感が落ちます。

ヴァネッサのスキル攻撃を使えば、K’、クーラ、イグニスの通常攻撃、スキル攻撃はクリティカル率100%にできます。

ネスツ京もネスツ系格闘家ですが、ヴァネッサをフルで活かすなら、こっちのパーティー。

創世虎最強候補テリー2003

創世虎の要と言われるテリー2003は、現段階では最強クラスですね。

テリー2003はクリティカル率が強力なので、K’との相性は抜群です。

 

テリー2003のパッシブとK’の必殺技を組み合わせた場合、、

テリー2003…クリティカル率40%増加/K’…クリティカル率60%増加

2人とも、通常のクリティカル率が高いため、100%近いクリティカル率となります。

新・創世虎極限流

二代目Mr.カラテは、テリー2003がいる場合「虎闘志」へと変化します。

極限流の最強コンビを組み込んだ編成で、性能的には「現創世虎最強」です。

ただ、八門の実装や、3人共が、実装から間もないため、完成形は滅多に見ることができません。

創世パーティーでのイグニスの使い方

イグニスのパッシブを開門すると、前列に配置するのか、後列に配置するのかで、その役割も変わってきます。

イグニスの配置は基本後列だが、、

イグニスは4ターン目以降に真価を発揮するため、生き残らせることが前提の戦いになります

となれば、イグニスは「後列に配置するのが当然」となるのですが、たまに前列に配置している人もいますよね?

 

これは、イグニスのパッシブスキルにも関係しています。

イグニスが前列にいる場合、ガード率とガード強度が12%増加

イグニスが後列にいる場合、クリティカル率とクリティカルダメージが12%増加

 

どちらも2ターンの間のみですが、パーティー編成によっては恩恵が薄くなる場合もあります。

ヴァネッサのクリティカル率100%やテリーとのパッシブとの重複不可などですね。

今後の創世虎パーティーの流れ

創世パーティーの中では、創世蛇と争う人気の創世虎パーティー

個人的には、創世虎の方が多いかな?とも思います。

 

今後は、LRの実装であらゆる流れが変わってきますね。

今でも、壁役とオメガルガールに移行している人も多いですし、虎闘志として最強壁役の「ムカイ」の実装も見えてきました。

 

ただし、アテナ02UMの場合もあるので、闘志で判断は危険な気もしますね。

アテナ02UM弱体化?の記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.