【KOF’98UMOL】本能庵のリーダースキルと各コアキャラへの影響は?

KOF’98UMOLの攻略ページです。

本能庵の「休門」が解禁したことにより、あらゆるパーティーに一つの疑問が生じています。

本能庵の「休門」は果たして強くなるのか?弱くなるのか?

 

というのも、本能庵が実装されたことで「リーダースキル」というものが登場しました。

これが、あらゆる論争を巻き起こしているわけですよね。

本能庵のリーダースキルとは?

リーダースキルとは、以下の格闘家が持っているスキルのことをさします。

味方に1種の闘志が3つ以上の場合、2ターンの間、味方全体のダメージ減少率を35%増加させ、その闘志の種類によって各効果を発揮する。
味方に1種の闘志が2つ以上の場合、その闘志の効果を獲得し、2ターンの間、自分以外のガード率を増加させる。
味方にテリー2003以外に3人以上の虎魂格闘家がいる場合、2ターンの間、味方全体のクリティカル減少率が40%増加し、自身以外のクリティカル率を20%増加させる。
味方に熊魂格闘家が4人以上いる場合、2ターンの間、味方全体のクリティカル耐性が40%増加する。自身以外の怒り回復速度を20%増加させる。
味方に亀魂格闘家が4人以上いる場合、2ターンの間、味方全体のクリティカル耐性が40%増加する。1ターン目に、味方格闘家に「不屈」効果を付与する。
味方に蛇魂格闘家が4人以上いる場合、味方全員のクリティカル耐性が40%増加する。味方全体がスキル使用時に、自身の最大HPの5%を吸収するようになる。

本能庵の「休門」が発動することにより、各コアキャラのリーダースキルは発動しなくなります。

本能庵のリーダースキルと見比べてみる

本能庵のリーダースキルは、揃える闘志によって効果が違います。

では、コアキャラと本能庵の組み合わせ、コアキャラと本能庵(休門)の組み合わせでの発動効果を見てみましょう。

※イグニスは最初から重複しないので除外しています。

各コア格闘家 本能庵(休門なし) 本能庵(休門あり)
2ターンの間、味方全体のガード率を40%増加させ、味方全体のクリティカル減少率が40%増加し、自身以外のクリティカル率が20%増加する。 2ターンの間、味方全体のダメージ減少率を35%増加させ、クリティカル率を20%増加させる。
2ターンの間、味方全体のガード率を40%増加させ、クリティカル耐性を40%増加させる。自身以外の怒り回復速度を20%増加させる。 2ターンの間、味方全体のダメージ減少率を35%増加させ、怒り回復速度を20%増加させる。
2ターンの間、味方全体のガード率を40%増加させ、クリティカル耐性を40%増加させる。1ターン目に、味方格闘家に「不屈」効果を付与する。 2ターンの間、味方全体のダメージ減少率を35%増加させ、不屈効果を付与する。
2ターンの間、味方全体のガード率を40%増加させ、クリティカル耐性を40%増加させる。スキル使用時に、自身の最大HPの5%を吸収するようになる。 2ターンの間、味方全体のダメージ減少率を35%増加させ、スキル使用時に、自身の最大HPの5%を吸収するようになる。

だらだらと記載しましたが、簡単な話をします。

ガード率40%増加⇒ダメージ減少率35%増加に変更され、クリティカル減少率とクリティカル耐性がなくなるということです。

本能庵の休門は弱くなるのか?

本能庵の休門は弱くなるのか?

はい!残念ですが弱くなります!!

ただ、それはパーティーにもたらすバフ効果のみに着目した場合に限ります。

 

かかる効果だけを見れば、弱くなったようにも思えますが、双方の良し悪しがあります。

ガード無視の格闘家が増えている件

本能庵の休門を開けることで「ガード率⇒ダメージ減少率」へと変更になります。

これについて、たしかにガードが発生すれば、受けるダメージは後者の方が大きくなります。

 

ただ、ダメージ減少率は、ガードが発生しなくても、ダメージそのものを軽減してくれるので、運要素を必要としないという解釈もできます。

 

さらに、ガード無視攻撃というのが主流になっているので、今後の方針としてはガード率というのは衰退していく可能性が大きいです。

石化と困惑の解除

クリティカル減少率、クリティカル耐性を捨ててまで手にしたもの、、

それが石化と困惑の解除です。

付与率が高すぎる、この状態異常に悩まされることが多かったはず。

 

それほど、現環境での石化解除、困惑解除は恩恵が大きいものになります。

逆に言えば、今後のナイトメアギースの「悪夢」など、新たなデバフが出現すると思うので、本能庵事態の寿命も、イグニスと同じ1年程なのかもしれません。

たった2ターンなのか、されど2ターンなのか

本能庵の休門の効果も、いわば2ターンのみの話です。

2ターンで警戒するとなると、やはり熊パーティーだと思います。

熊パとの戦闘は、1ターン目の必殺応酬を受け切れるかどうかが、カギになってきます。

 

「休門」効果というのはオンオフが自由自在なので、相手が熊パやクリティカルパなどのときはオフるのもありです。

まとめ

相手にムカイ、禍忌がいない場合、事実上、本能庵のパッシブは持ち腐れとなります。

こうやって考えると、使いがってが悪くなったように感じますね。

 

なぜ運営はこういった仕様にしたのか、、

LR格闘家に移行させようとしてるのかな??

 

でも、本能庵の基本性能が強すぎる、、

最初は賛否両論だったのですが、本能庵のもつ治癒減少ってかなり強いです。

個人的には復活封じより、圧倒的に強い気がします。

 

Yは、まだ休門あいてないですが、K’なんてクリティカル一撃で持っていかれるんだろうなぁ。。

やはり運営のURはストライカー推しに乗っかる他ないかね、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください