ウブ男でもできる!デートでの告白の切り出し方!成功方法!

デートでの「告白」緊張しますよね、、

いざ「告白しよう!」と思っても、切り出すことができずにデートが終わってしまう。

そんな経験をした人も多いのでは??

 

なぜ告白ができずに終わってしまうのか??

おそらくそれは、「告白」を切り出すことができないから。

 

「告白」を切り出すときに、極度の緊張が走りますよね。

一度「告白」を切り出してしまえば、後は神に祈るのみなのですが、準備と心構えは大切です。

 

デートでの「告白成功」は緊張・不安を打破すること

告白はなぜ緊張するのか??

それは「相手の返事への不安感」です。

 

相手がどう考えているかわからない、、

フラれるかもしれない、、

フラれたらもう会えないかも、、

そんないろんな「不安」が、告白を一歩留まらせてしまうわけですね。

 

対策①雰囲気で相手は悟っている

告白をする瞬間、めちゃくちゃ鈍感な人でも、ある程度悟ったりします。

なので、緊張しているのはアナタだけではないということです。

 

そのために、思いっきり「告白の雰囲気」を作ることで、逃げ道をなくす方法です。

 

そのためにも、デートプランは重要で、どのタイミングで「告白を切り出す」のか、最初に考えておいた方が良いでしょう。

 

言えるタイミングがあれば言おう!では、結局タイミングのせいにして逃げてしまう可能性があります。

このタイミングで絶対に言う!これを最初にプラン組みすることが大切です。

 

対策②告白は絶対に帰り際に切り出す

告白をするなら、もちろん成功したいですよね?

実は告白の成功率が高いのは「帰り際」なんです。

 

これは心理学の一つですが、旅行の最終日とか、夏休みの終わりとか、、

終わりが近づくと、なんとも言えない切ない淋しい気持ちが沸いてきますよね。

 

そういった心理状況のときの方が、告白の成功率は高いとされているのです。

デートの帰りは、だいたい夜なので、夜の雰囲気も味方してくれますしね。

 

対策③手をつないでみる

これができたら苦労しないよぉ~という声が聞こえてきそうですが、、

ボディタッチは、相手との距離を縮める最も効率的で、効果の高い方法です。

 

じゃあ告白もできないのにどうやって手をつなぐの??

無言で繋ぐ方法もあるのですが、よくある失敗例、、

 

手つないでいい??

この相手に問いかける感じはダメダメです。

 

男はハッキリ意志を伝えるのが好印象です。

手つなぎたい!

言うなら、これぐらいハッキリ意志表示しましょう。

ちなみに、デートが始まっていきなり手つなぐとかじゃなくて、これも帰り際で十分です。

 

対策④告白失敗=終わりではないという考え方

何とも思っていない人から「好きだ」とつげられて意識してしまう女性は多いです。

なので、失敗=マイナスなのではなく、今後のプラスになるという考え方をしましょう。

 

1回目で成功する人もいれば、5回目で成功する人もいるのです。

 

成功率の高い告白の方法

告白を成功させるためにも、少しでも成功率を上げたいところ、、

告白を成功させるためにも、女心を考えることが大切です。

 

成功の秘訣①告白は対面で!

告白は必ず顔と顔が向き合った状態ですること。

相手の目が見えるのと、見えていないとでは、女性に与える説得力に違いが出てきます。

 

成功の秘訣②すらすら言わない

告白の緊張感のあまり、早口になったり、言葉が足りなかったり、、

また、緊張を隠そうと、平気な顔ですらすら言ってしまうと、それだけで軽く聞こえてしまいます。

 

「緊張している」というのは、実は告白される相手側は嬉しいものです。

いつもより、ゆっくり話すことを意識すれば、相手にも緊張が伝わります。

 

成功の秘訣③プラスαを付け加える

「好きです!付き合ってください!」とてもシンプルな告白方法ですよね。

シンプルな告白もまぁ、悪くはないのですが、相手の好きなところなどのプラスαを伝えてあげると成功率は上がります。

 

「優しい笑顔に魅かれました」とか「世界一かわいい」とか、、

世界一って、大袈裟でウソっぽく聞こえるかもしれませんが「顔がかわいい、タイプ」などの中途半端な意見より、よっぽど相手は嬉しいです。

 

褒められると嬉しい!これは人間の心理なのです。

 

成功の秘訣④簡潔にわかりやすく

告白はダラダラとするものではありません。

と言うのも、ダラダラしてしまうと、相手の高揚感や緊張感が解けてしまうからです。

プラスαを付け加えた、簡潔な言葉を用意しましょう。

 

告白の秘訣⑤愛など、一生などはちょっと待て

「愛している」「一生一緒にいたい」こんな言葉は告白には重すぎます。

告白は好きな気持ちを伝えれば十分です。

相手に無駄なハードルは与えないようにしましょうね。

 

【告白の関連記事】

男の服装でダサいと思われるのはコレ!女子ウケの悪い服装ランキング

デートでの告白の切り出し方

さて、告白の準備も整ったところで、本題の「告白の切り出し方」について考えていきましょう。

 

不意打ちも悪くないが危険度高い

例えば、レストランでいきなりシャンパンが現れたりなど、、

サプライズ告白は、賛否両論が多すぎてオススメできません。

 

また、女性に慣れ過ぎている男性に、女性は警戒心を持つ傾向にあります。

ちょっと不器用なぐらいが丁度良いのです。

 

シチュエーションが変わったときに決める

どこかのお店を出た瞬間や、駅に着いてバイバイする瞬間など、、

シチュエーションが変わったときがチャンスです。

これも対策②であった心理と同じ手法です。

 

告白の切り出し方の第一声を決めておく

告白を切り出すためには、告白の内容だけでなく「告白を切り出す第一声」を決めておきましょう。

シンプルかつ、逃げ道がなく、相手がなんとなく悟れる言葉、、

 

大事な話がある

これだけで十分です。

 

その他にも「言いたいことがある」とか「聞いて欲しいことがある」でもOKですね。

これを対面で言われたら、相手も「あ!きた!」と悟るはずです。

 

告白を切り出すためには、第一声を決めておく!

これがめちゃめちゃ重要です。

 

まとめ

相手から好かれるということ、これは誰でも嬉しいことであります。

告白を切り出すためには、自分の中でマイナス思考にならないということを意識することが大切ですね。

 

告白の緊張は仕方ないことですが、緊張してまで想いを告げてくれた人に悪い印象は持ちません。

そこから発展する未来もありますし、踏み出さなければ何も変わりません。

相手との距離を縮めるための第一歩として考えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください