告白の仕方やセリフで成功率をあげる!恋人の作り方!

 

こんにちはYです。

 

「告白」というのは「彼氏・彼女」の関係になるためには必ず通らなければいけない道です。

もちろん告白のセリフや仕方によっては、相手の返事に大きな影響を与えます。

 

女性によってはロマンチックな場所が好きだったり、さり気ない感じの告白が好きだったり、人によってはさまざまなわけですが、勇気を持って「告白」をするからには、成功率は高めたいと思いますよね。

 

告白のシチュエーションによっては、女性の気持ちをグッと掴むこともできます。

 

意中の人がいて「告白」を考えている方のために、告白のセリフや仕方など、知っておきたい告白の成功率をあげるポイントをまとめました。

 

 

告白のセリフ

kappurukiss「告白」となれば、まずは何と言えばいいのか?

これがまずは課題となってくるわけです。

 

女性はどういったセリフで告白されれば心が動かされるのか?

 

ストレートに伝わる言葉

女性は男性から告白されるとき、遠回しな言い方よりも、ストレートな言葉の方が心に響くようです。

 

「好き」「大好き」という言葉をしっかりと入れるようにしましょう。

 

「好きになったかも」や「好きかも」などの曖昧な言葉は使わないようにします。

 

彼女でないといけない理由

告白をされたときに、自分でないといけない理由が入っていると、より成功率があがります。

 

「〇〇ちゃんといると凄く楽しい」「〇〇ちゃんのことばっかり考えてる」

このように彼女でないとダメな理由。

あなたといるとこうだから。というしっかりとした理由をセリフに入れましょう。

 

言葉のチョイス

「好きです。付き合ってください。」

これは定番のストレートな告白のセリフです。

 

このようなシンプルな告白が良いという女性もいますが、もっと心に響かせるためには、言葉のチョイスも大切です。

 

「好きです。彼女になってください。」

付き合ってください×⇒彼女になってください〇

 

言葉が「彼女」というセリフに変わるだけで特別感がアップします。

 

下手にでるより男らしさをイメージ

「付き合ってください」「彼女になってください」

告白のときに敬語を使うのは特に悪いことではありません。

 

ですが、より男らしい告白の方が女性はキュンとくるようです。

 

彼女になってください×⇒彼女になってほしい

 

男らしいと言っても「俺の女になれ」というような上から言うようなセリフではありません。

 

告白のセリフまとめ

・ストレートに伝わる言葉

・彼女でないといけない理由

・言葉のチョイス

・下手にでるより男らしさ

 

これらの4つのポイントを抑えた告白のセリフは

「〇〇ちゃんともっと一緒にいたい。大好きです。俺の彼女になってほしい。」

 

長すぎず、ストレートに伝わる良いバランスのセリフです。

もちろん彼女でないといけない理由は、その人に合わせて変えていけばいいと思います。

 

告白の仕方

kokuhaku告白のセリフが決まれば、次はどういった方法で告白を決行するのか?

シチュエーションやタイミングはかなり重要です。

 

告白の決行はデート3回目がベスト

調査によると、知り合ってデートの回数を重ねて、結局カップルになれるのは3回目~5回目までのデートが多いようです。

 

デート3回目がベストというのは、女性のデートに対する考え方からきています。

 

<女性のデートに対しての考え方>

1回目‥相手を知るため

2回目‥自分を知ってもらうため

3回目‥お互いの仲を深めるため

 

これ以上デートを重ねると、相手も少し熱が冷めてしまうので、どれだけ遅くても5回目のデートには告白を決行しましょう。

 

 

告白の時間帯は夕方~夜

人の脳は1日使い続けていると思考がにぶります。

1日の終わりに近づく夕方~夜にかけてが、脳の活動も緩やかになり、最も雰囲気に流されやすいそうです。

 

もちろん仕事柄、夜行性の女性もいますから、できるだけその人の1日の終わりに近づけたタイミングで告白をしましょう。

 

デート中の告白はNG!帰り際を狙う!

デート中に良い雰囲気になって告白したくなる。

今ならいける!と思いたくなる。

 

そんな思考がよぎっても、デート中の告白は避けるのが賢明です。

 

もちろん「断られたとき」のことを考えてですが、デートの帰り際が最も告白の成功率が高いからです。

 

また、帰ってからじわじわと恋人ができたという実感がわいて、別れたばかりなのに会いたくなるという恋を燃え上がらせる作用もあります。

 

2人きりの薄暗い空間をつくる

最近ではフラッシュモブや、人前で派手な演出をして「告白」をするパターンもあります。

 

ですが、告白の成功率を高めるのであれば、やはり2人きりの空間を演出することが大切です。

 

雰囲気としては薄暗い空間が最も良いとされています。

明るい場所よりも、薄暗い場所の方が告白の成功率はあがるのです。

 

彼女を車で送るなら車の中も良いでしょう。

駅まで送るパターンであれば、そういった空間を演出できる場所をリサーチする必要があります。

 

告白は相手の目を見ながら

男性というのは、人と視線を合わせるのが苦手な生き物です。

逆に女性は目をしっかりと合わせられることで好感を持つ生き物です。

 

なので、告白をするときは目を泳がせず、しっかりと相手の目を見て言いましょう。

 

ちらちらと視線をそらすのは、説得力がなくなり、告白の成功率を下げてしまいます。

 

告白の仕方まとめ

・決行は3回目のデート

・夕方からデートして夜の時間帯を狙う

・告白をするのは彼女との帰り際

・2人きりの薄暗い空間で決行

・ちゃんと相手の目を見て言う

 

告白のタイミングやシチュエーション作りはそれほど難しいことではないと思います。

おそらく一番ハードルが高いのが、3回目のデートで告白ではないでしょうか?

 

3回目のデートでは、おそらく自分自身も彼女のことを深く知ってはいないはず。

「断られたらどうしよう」「もっと相手のことを知ったほうが」「次のデートで絶対に」などの考えは切り捨てます。

 

それでも勇気がでない人のために、さらに告白の成功率をあげる方法をご紹介します。

 

告白の成功率をあげる方法

kappuruusiro告白の成功率をあげる方法として、最も有効な手段は「告白をする」ということです。

 

なにを言ってるんだ?とならないでください。

告白を成功させるためには、告白をするしかないのです!

 

相手のペースや気持ちを考えていたら、いつまでたっても先に進めず、恋が沈静化してしまいます。

 

まずは告白の空気を切り出す勇気を持つことが大切です。

もう告白するまで逃げられない空気づくりとしてベストな方法をご紹介します。

 

別れ際に引き留める

告白のタイミングは「別れ際」です。

さらに成功率をあげるのであれば、少しドキっとするような演出を考えます。

 

「ばいばい」と別れた間際に「ちょっと待って」と引き留めます。

 

3回目のデートとなれば、彼女の方も、もしかしたら告白あるかな?と、考えをよぎらせているはずです。

 

告白がないまま、今日のデートが終了と思わせたその瞬間を狙うという方法です。

これだけで、女性は「もしかして告白されるかも」という意識を持ちます。

 

告白の切り出し方

「ちょっと待って」と彼女を引き留めたあとは、彼女は、こちらが何かを言ってくるのを待っている状態になります。

 

まずはいきなり告白をするよりも、告白の前に「前置き」として告白を切り出すセリフを言うのがスマートです。

 

「今から俺の秘密話すね」

「最後に大事な話しないと帰れない」

「聞いてほしかったことがあったんだ」

 

このような前置きのセリフを言えば、彼女は「告白がくる」と心がまえをしてくれます。

このときのドキドキ感が告白の成功率をさらにあげてくれます。

 

イベントの日を攻める

クリスマスやバレンタイン、彼女の誕生日など、イベントの日はグッと告白の成功率があがります。

 

と言うよりも、そういったイベントの日を共有してくれる時点で、彼女は確実に脈ありだと考える方が自然ですね。

 

誕生日などに当日の日が難しいのであれば、後日の誕生日祝いとして決行してもOKです。

 

また、特別なデートをしたとき「遊園地」「花火大会」など、こういったときの帰り際を狙うのも告白の成功率をあげるコツです。

 

秋に告白

季節が春夏秋冬ある中で、一番告白の成功率があがるのは「秋」だと言われています。

 

これは動物的な話になるのですが、人間は秋に「発情期」を迎えるからです。

 

また、冬はクリスマス、バレンタインなどのカップルのイベントが盛りだくさんですから、自然と彼氏が欲しい意識が高まるとも言われています。

 

 

告白まとめ

新しい恋愛が始まる瞬間は誰でもドキドキするものです。

 

女性は基本的に恋愛に対して「受け身」な人が多いため、その恋愛を先に進めるためには、こちらが勇気を出すしかないんですよね。

 

もちろんデート中に手をつないだり、キスをしたりすれば、告白の成功率はあがりますし、あなたも「これはイケる!」と自信を持って告白することができるでしょう。

 

ですが、告白の成功率を高めるのは、あなたのストレートな相手に対する気持ちを伝えるのが一番だと言うことです。

 

デートをスムーズに進めるには以下の記事も参考にしてください。

彼女の作り方を心理学から学ぶ【メンタリズム5選】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です