痩せたいなら筋トレ方法が大事!リバウンドしないカラダづくり

ダイエットといえば「筋トレ」「有酸素運動」「食事制限」

この3つは痩せるためにどうしても引き離すことのできないものです。

 

この3つに対して徹底改善を行うダイエット方法こそ、話題のパーソナルトレーニングというものです。

パーソナルトレーニングについては、また別記事にて詳しく書かせていただきます。

 

今までほとんど運動もしていない、筋トレもしたことがない、そんな人がいきなりパーソナルトレーニングのような方法を実践したところで、心が折れてしまうのは目に見えています。

 

ダイエット方法にも初心者~上級者向けまであると理解することは大切です。

今回は「筋トレ」についてご紹介させていただきます。

 

前記事はコチラ→最短で痩せる方法【効果のあるダイエット方法を理解する】

 

ダイエットに筋トレは必要??

一時的な減量を望むというだけであれば、有酸素運動だけでも十分効果は期待できます。

 

有酸素運動は「痩せる」ということにダイレクトに効果を発揮します。

筋トレは「痩せやすいカラダづくり」のために必要です。

 

リバウンドしないために筋トレをする

筋トレは「痩せやすいカラダづくり」の他に「太りにくいカラダづくり」のためにおこないます。

 

筋肉は大きく強い方が、より燃費が悪くなります。

人がカラダを動かすときは、常にどこかの筋肉が動いているわけですから、その筋肉の燃費を悪くすることで、より多くのエネルギーを消費してくれます。

 

健康のためにも筋トレは必要

食事制限で痩せる方法は、どうしても健康面に影響が出てきます。

実践した人なら分かると思いますが、糖質カットなどをすると、頭がぼぉ~っとしたり、イライラしたりします。

 

好きな物を食べれるということは、むしろ人間の特権なわけですから、それを我慢するには周りに誘惑が多すぎます。

ストレスを溜めこむと、カラダにあらゆる異変が起こるので、これではダイエットは成功しません。

 

好きな物を食べても太らない、、ちょっと油断しても大丈夫。

太りにくいカラダづくりこそがダイエットのゴールだと考えています。

 

ダイエットに効果的な筋トレ

筋トレと言っても、トレーニングの種類はたくさんあります。

ですが、その全てを行う必要は全くありません。

 

筋肉は大きい程に燃費が悪い

大きな車と、小さな車では燃費が全然違うのと同じで、筋肉も大きい程、消費エネルギーは多くなります。

 

つまり、小さな筋肉をコツコツ鍛えるよりも、大きい筋肉にアプローチした方が効率的だと言えます。

二の腕を細くしたいと、腕の筋トレを行う方がいてますが、これは逆に効率の悪い方法となります。

 

大きい筋肉は下半身に詰まっている!!

人間の大きい筋肉は、全て下半身に詰まっています。

ズバリ、太ももです!!

 

ダイエットをしている女性に話を聞くと、、

「足が太くなるのがイヤ」「足が筋肉質になるのがイヤ」

このような理由から、下半身の筋肉トレーニングを嫌煙している方が多いようです。

 

太ももには細くなる筋肉がある

筋肉は鍛えれば鍛える程に太くなると思っていませんか?

実は太ももには鍛える程に引き締まっていく筋肉があります。

 

それが太ももの裏側と内側の筋肉です。

この筋肉を鍛えることによって、モデルのような美脚を手に入れることができるのです。

 

内ももは普段使わないので、鍛えにくい部位ですが、専用の器具があります。

少し前に話題となった下半身集中器具も、実はダイエット効果としてはかなり理に叶った物だということです。

家の中で眠らしている人も多いのでは??

 

ももの裏側はこちらの動画を参考にしてください。

 

ダイエット筋トレに強い負荷は厳禁

「痩せる」ということを目標にしている以上、強い負荷をかけるのは厳禁です!

筋肉は、強い負荷がかかる程に「より太く強く」なろうとする性質があります。

 

筋肉は瞬発的なチカラと、継続的なチカラとでは使用する筋肉の質が違ってくるのです。

短距離スプリンターと、長距離マラソンランナーでは、筋肉の太さに違いがあるのがわかりますよね?

 

ダイエットにおいては、強く太くはダメなので、ダンベルなどで強い負荷をかける筋トレは必要ありません。

 

大きい筋肉に効かすにはスクワット

スクワットは、ことダイエットにおいては万能トレーニングだと言われています。

正しい姿勢でおこなうことで、大きな筋肉にズバズバ効かすことができます。

 

又、内もも、裏ももを同時に鍛えることで、姿勢を保つチカラが働き、前もものもっこりとした筋肉を退化させる働きがあります。

 

 

筋トレと有酸素運動の関係

ダイエットは「筋トレ」と「有酸素運動」を効率的に行っていくわけです。

有酸素運動については、別記事にて詳しく書きますが、効率的に行うにはルールがあります。

 

筋トレ→有酸素運動の順番

有酸素運動は主に「糖質」⇒「脂肪」の順に消費していきます。

運動を開始してから20分程度は主に「糖質」が消費されていきます。

 

そして、筋トレは主に「糖質」を消費していく運動です。

つまり、先に筋トレを行うことで、糖質を消費し、次の有酸素運動で「脂肪」にダイレクトに効かすということです。

 

 

ダイエット成功には40分程度の覚悟がいる

ラクして痩せたい!時間をかけたくない!

その気持ちは凄くわかりますが、ダイエットを成功させるのであれば、1日に40分という時間ぐらいは確保しなければ成功はまずありません。

 

最近では7分トレーニングなどの筋トレと有酸素運動を織り交ぜたものがありますが、結局のところは努力した時間が結果として返ってきます。

 

最短で痩せたいと願うのであれば、筋トレ+有酸素運動の時間を確保するという意識は必ず必要です。

 

そもそもダイエットをしないといけいないカラダになったのは、今までラクしてきたからだ!と強く意志を保つことが必要です。

 

【ダイエット】効果のある有酸素運動、ランニングorウォーキング?どっち?

【記事準備中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください